おおした鍼灸院
あいさつ
QandA
policy
治療の流れ

Last Update : 11/6/7 
 
鍼灸の適応疾患

当院の治療は確定申告の際、医療費控除の対象となります。

鍼灸の適応疾患ってとっても広いんですよ。


 WHO(世界保健機構)は41種類の疾患を、鍼灸治療の適応症と認定しています。


頭痛、偏頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺、メニエル氏病、白内障、急性結膜炎、近視、中心性網膜炎、急性上顎洞炎、急性鼻炎、感冒、急性扁桃炎歯痛、抜歯後疼痛、歯肉炎、急性咽頭痛炎、急性気管支炎、気管支喘息、食道・噴門痙攣、しゃっくり、急性・慢性胃炎、胃酸過多症、胃下垂、麻痺性イレウス、慢性・急性十二指腸潰瘍、急性・慢性腸炎、便秘、下痢、急性細菌性下痢、打撲による麻痺、末梢神経系疾患、多発性筋炎、神経性膀胱障害、肋間神経痛、頚腕症候群、坐骨神経痛、腰痛、関節炎、夜尿症

    
いっぱいあって目がくらみます(>_<)


その他、鍼灸マッサージの適応症となるものを挙げてみます。

循環器系疾患


本態性高血圧症・本態性低血圧症・神経性狭心症・不整脈の一部・心臓神経症・動脈硬化症・動悸・息切れ・立ちくらみ



呼吸器系疾患

気管支喘息・過呼吸症候群・神経性咳嗽気管支炎・喘息・風邪および風邪の予防

内分泌代謝系疾患


肥満症・甲状腺機能亢進症・バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血



消化器系疾患


過敏性大腸症候群・下痢・便秘症・神経性嘔吐症・腹部膨満感・痔疾・胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・潰瘍性大腸炎、・胃十二指腸潰瘍・


神経系疾患


頭痛・神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー


泌尿器・生殖器系疾患

インポテンツ・夜尿症・過敏性膀胱炎・尿道炎・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎・不感症・月経痛・無月経・不妊症・更年期障害


骨・筋肉系疾患


肩こり腰痛・筋肉痛・外傷性神経症・書痙・痙性斜頚・頚腕症候群・チック・脊椎過敏症関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)



皮膚疾患


アトピー性皮膚炎、皮膚掻痒症、湿疹、円形脱毛症、多汗症、慢性蕁麻疹



耳鼻咽喉科系疾患


咽喉頭部異物感・乗り物酔い・嗄声・吃音・中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎


眼科系疾患


老人性白内障・眼精疲労・眼瞼痙攣・仮性近視・結膜炎・かすみ目・ものもらい


産科・婦人科系疾患


更年期障害・のぼせ・冷え性・臀部、腰部の冷え感・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・血の道・安産不妊逆子・難産


小児科系疾患


小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・おねしょ・腺病質・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・虚弱体質の改善


ハリの適応症:厚生労働省通達の6疾患等

厚生労働省通達による健康保険(療養費)鍼灸適応の6疾患等は下記の通りです。
下記の疾患名による医師の同意書(又は診断書)にて健康保険(療養費)治療が出来ます。

1,神経痛 2,リウマチ 3,頚腕症候群 4,五十肩 5,腰痛症 6,頚椎捻挫後遺症 等


Copyright 2005- © Oosita Acupuncture Clinic. All rights reserved.