おおした鍼灸院のトップページへ
小児はり   ・小児はりの実際
(写真)  ・子どもに触れるということ   ・ブログ子育てについて
安産     ・妊娠週数と鍼灸治療

逆子と経膣分娩について……鍼灸治療からの提案
   1逆子について 2当院の特色 3逆子ってどういう事? 4逆子の原因って? 
5どうして逆子はいけないの?
 6当院の治療法について 7逆子と経膣分娩 
8鍼灸がお手伝いできること
 9逆子にチョット良い話
         次へ→
 

2006年に3月に産婦人科の先生の話を聞く機会がありました。
その時の話の中で、2000年の英医学誌「ランセット」誌に「逆子の分娩はすべて帝王切開にすべきである」との報告が載って以来、骨盤位の場合、帝王切開を選択せざるを得ない状況になったそうです。

権威のある医学誌に以下のような記事が載ったため、もしも……訴訟等になった時、病院側の落ち度を指摘される可能性が極めて高くなってしまい、骨盤位の経膣分娩は選択肢から除外されることが多くなりました。

【逆子の分娩はすべて帝王切開にすべきである】
逆子の赤ちゃんを通常のお産(経膣分娩)で生むと、帝王切開の場合よりも、死亡したり、障害児となる確率が3倍高いといわれています。しかし最終的には担当医の判断により通常分娩で出産するか、帝王切開にするかが決まることになります。

しかし、「逆子の分娩はすべて帝王切開にすべきである」との結論が、国際的な研究の結果出され、英医学誌「ランセット」で発表されたのが2000年…。 
                 Lancet. 2000 Oct 21;356(9239):1375-83.

これらのデ−タを分析して研究チ−ムは、「逆子の場合、帝王切開が14件行われる度に、1人の赤ちゃんが死亡、または、重度の障害をまぬがれていることになる」と言う表現で、逆子を経膣分娩で出産するのはやめるべきとの結論に達しました。

結果を掲載した「ランセット」誌では、オ−ストラリア・メルボルンのラトロ−ブ大学のジュディス・ルムリ−医師が「妊婦、家族、医師は、この研究結果を十分知るべき」とコメントしています。



以下は研究の大まかな内容。

研究を行ったのはカナダのトロントにあるサニ−ブルック女子大学女性健康科学センタ−のメアリー・ハンナ医師らによるもの。26カ国、121の病院の協力を得て、胎児が逆子の状態にある総計2083人の妊婦を、帝王切開と経膣分娩の2つのグル−プに任意に分けて検討しました。

その結果、帝王切開で生まれた子供で、出産時、あるいは出産後1カ月以内に死亡、または重い障害が出たのは全体の1.6%だったのに対し、経膣分娩では、同6%に…。

障害は、脳内の血行不良、脊髄損傷、頭骨骨折、昏睡などによるものでした。

経膣分娩のグル−プで死亡した赤ちゃんは16人。うち10人は、胎児が産道を通過するとき呼吸困難が生じるなど、分娩時の問題が原因でした。経膣分娩のうち、担当した医師が20年以上の経験を持つ場合だけを取り上げて集計しても、生まれた赤ちゃんの死亡・障害が出る割合に変化は無いと結論付けています。

  ブログより

逆子だけではないですが…
外国の帝王切開率について 2007年5月

帝王切開を調べすぎると、気持ちが硬くなってしまい、赤ちゃん回りにくくなるから要注意
帝王切開の心配について 2013年4月
 
     

この報告を元にアメリカの産婦人科学会は逆子の場合、予定帝王切開にするべきだとの勧告を2001年に出しています。日本もこれに追随しなければならなくなったとは、当然の成り行きなのでは無いかと思う次第です。
前へ スマートホン版 問合せフォーム 次へ

Copyright 2005- © Oosita Acupuncture Clinic. All rights reserved.