本文へスキップ

腰痛肩こり等でお困りの方だけでなく、逆子、お子さん、うつや自律神経系の不調も治療しています。
体に優しい経絡治療の鍼灸院です



    Clip to Evernote


逆子の原因を考えてみると…


(スマートフォンはこちらから→スマホ用)


逆子の原因って?

 逆子の原因ですが、子宮筋腫や子宮の形(奇形)、胎盤の位置、狭い骨盤、へその緒の絡みつき、短いへその緒、羊水の量、母体の浅い呼吸、下腹部の冷え、高齢母体、糖尿病、喫煙、子宮筋腫、子宮周りの緊張、胎児のお尻が母体の骨盤にはまりこんでいる、低出生体重児、子宮内発育制限児、女の子、染色体異常児、先天奇形などが考えらるとの事ですが、原因はよく分かっていません。
 逆子を多く扱うようになって、上に書かれている「胎児・母子関連因子」は本当かなぁ……っていう気持ちが強くなっています。私は逆子になれるくらいだから、逆子の状態で成長できるくらいだから、きっと赤ちゃんは元気だろうし、元気じゃなければ逆子の状態で居続けることはできないんじゃないかと思っています。


逆子直しと自律神経
 妊娠はホルモンと自律神経によってコントロールされています。気持ちがふさいだり不安感が増すと、コントロールできなくなります。特に
睡眠の質や量が悪くなると要注意
 何らかの原因で逆子になりそのまま不安感を抱いた状態が続くと、血流量も適正でなくなり、直りにくくなります。その他、母体の骨盤と胎児の頭が合致しないと、胎児が中枢神経の障害を避けるため、自らを守るために逆子になるとも考えられます。

逆子と平衡感覚
 逆子で生まれた子供は学齢期になっても平衡感覚が弱く、運動神経の発達に遅延が認められることがあるとのこと。胎児のうちに大人と同じにまで発達する唯一の器官である平衡感覚器官は、このころまでには完成しているので、位置の変化をつねに感じとっていることは確かみたいです。
 だけど……私の知る限り、逆子の子はみ~んな元気だし、スポーツバリバリやっている子もいるから、実際のところどうなんだろう??

家族歴
 ご自身やご兄弟、だんなさんが逆子で生まれるか、逆子の状態が長く続いていた場合、逆子で生まれてくる確率が高くなる傾向にある気がします。特にご自身が逆子で生まれた、もしくは逆子の状態が長く続いていたという場合、30週ぐらいで直っても再び骨盤位になる事が何度かありました。これは家族の容姿が似るのと同じように骨盤の形も似るからかな??と考えています。家族歴がある方の場合ご家庭での宿題が若干おおくなります。できたら来院される前にご自身が逆子だったかどうかお母さんに尋ねておいて下さいね。

次へ→ 5,どうして逆子はいけないの
TEL
03-3401-8918

おおした鍼灸院〒107-0062
東京都港区南青山2-9-27、2-A
MAILyochytake@gmail.com

フォームでの予約および問い合わせ
フォームメーラー


お休み