おおした鍼灸院のトップページへ
小児はり   ・小児はりの実際
(写真)  ・子どもに触れるということ   ・ブログ子育てについて
安産     ・妊娠週数と鍼灸治療

当院の特色……鍼灸治療からの提案
  1逆子について 2当院の特色 3逆子ってどういう事? 4逆子の原因って? 
5どうして逆子はいけないの?
 6当院の治療法について 7逆子と経膣分娩 
8鍼灸がお手伝いできること
 9逆子にチョット良い話
         次へ→
 
くま当院の逆子治療の特色くま
● 安全第一、刺さない鍼とリラックスできるお灸で赤ちゃんの居心地をよくします
● 
1,300人以上の逆子を治療 経験豊富
● 妊婦さんや助産師さんにお聴きした帝王切開、逆子体操、骨盤位外回転術等々、病院ごとに異なる考え方も含めて
リアルな話をさせてもらいます!(ネットでの話はとんでもないものばかりです。会ったこともない人の話を信じるなんてナンセンスです!)
● 週数に応じた治療
● 
本当の逆子体操を教えます 簡単にできる運動も紹介します
● お仕事をされておられる方でもできる逆子直しの運動
● 妊娠期の過ごし方をアドバイス(
目標はあくまでも安産!!
● 産後の過ごし方についてもアドバイス
● 子どもとの過ごし方もお伝えしたいところです(だんなを育児に参加させたいのなら、これは絶対知ってもらいたい!って事もお伝えしたいなぁ。4人の子どもの父親としてちょっと先輩面させてもらいたいと思っています)
 
 …まだあるかな?…

とりあえず…逆子と言われたら早めに治療させてもらえると嬉しい。36週でも直る人はいますが、28週以降、早いほど回転してくれる率は高いです。

安産・逆子のブログ 逆子や安産について私の考えを色々と書いてます
余談ですが…
米国医師会雑誌(
JAMA)にも逆子治療の有効性が掲載されています(英語です)。
Moxibustion for Correction of Breech Presentation (JAMA. 1998;280:1580-1584.)

笑顔の赤ちゃん

幸せを運ぶ笑顔で〜す
この子のお話はこちら


子どもが生まれたら⇒小児はり


三陰交は使い方と使う時期によっては堕胎のツボにもなるとのこと…。
16週以降だと問題ないと思いますが、できたらお灸を始める前に、妊婦を多く手がけている鍼灸師に相談して下さい。
 
鍼灸治療で何がどうなる…?
 治療中や治療後、下肢全体の皮膚温が上昇することが実験データからも認められています(※)。私も妊婦さんからお灸をするようになって体が温まる感じがする、という話をよく聞きます。また治療前よりお腹の張りが軽減したといわれる方も多いです。治療点は下腿と前腕だけにもかかわらず…です。
 上記「米国医師会雑誌」に掲載されている、Cardiniらの実験でも対照群に比べて
灸療法群で胎動が増加することが明らかになっています。
 推測するに鍼灸治療が骨盤内の血行に良い影響を及ぼし、子宮や骨盤内の循環をよくしているからではないでしょうか。そして子宮内の緊張を和らげ、胎動の亢進や胎児の回転を促したのではないかと推測できます。
 
   ※東洋医学的方法による胎位矯正法(林田和郎(現「はやしだ産婦人科医院院長」・東邦医会誌)
 
  前へ スマートホン版 問合せフォーム 次へ   

Copyright 2005- © Oosita Acupuncture Clinic. All rights reserved.