おおした鍼灸院のトップページへ

1,腰痛のタイプ 2,気をつけないといけない腰痛 3,腰痛の原因となる主な病気 4,治療前に知りたい症状
5,ぎっくり腰 6,椎間板ヘルニア 7,脊柱管狭窄症

7,脊柱管狭窄症


脊柱管狭窄症
骨、椎間板、黄色じん帯が変形して、神経の通る空間が狭くなって発症します。

 

特徴としては間欠性跛行(かんけつせいはこう)ですね。

 

間欠性跛行脊柱管狭窄症の特徴的な症状です。

ずっと歩いたり、長く立っていたりして、下肢の痛みや痺れでしゃがみこんでしまうような場合を間欠性跛行といます。

少ししゃがんで休憩を取ると、痺れと痛みは急速におさまるので、また歩けるようになります。

程度が進むにつれ歩行可能距離は短くなります。

 

閉塞性動脈硬化症でも同じ間欠性跛行が起こります。

これは下肢の動脈が詰まったり細くなったりするために、下肢に十分な酸素供給ができなくなって間欠性跛行が起こる血管の病気 です。

この病気も脊柱管狭窄症と同じ、間欠性跛行が特徴です。

 

脊柱管狭窄症重症化すると排尿や排便の調節がきかなくなったり、足関節の力がなくなったりします。

保存的治療で軽快することが多いのですが、手術を必要とすることも少なくありません。

決してまれな病気ではなく、中高年以降に発症し、年齢とともに頻度は高くなっていきます  

 

 

脊柱管狭窄症には

大きく分けて3つのタイプがあります

神経根型

背骨から出て行く神経の根元(神経根)が圧迫されるものです。

神経根型では圧迫されている側の足だけにしびれ痛みがでることが多いです。

馬尾型

脊柱管の中を通る馬尾が圧迫されるものです。

馬尾型では両足にビリビリと強い痺れや麻痺がでることが多いです。

排便・排尿障害は馬尾型が進行し、腸や膀胱の働きに関係する神経が圧迫されると起きることが多いです。

異常な勃起や会陰部のほてりが起きることもあるので馬尾型は厄介ですね。

混合型

神経根と馬尾の両方の神経が圧迫されるものです。

 

 

”馬尾神経” …… 脊髄の下端から伸びている神経の束は、馬の尻尾と形が似ているために馬尾神経と呼ばれています。

 

 原因

脊柱管狭窄症は多くの場合、老化にしたがって起こる変形性腰椎症や、変性すべり症などが元となって起こるようです。

スポーツを熱心にしていた人では、分離すべり症などが原因となることもあるようです。

生まれつき脊柱管が狭いことも原因となる場合があります。

 

 

 症状

  • 腰痛 
  • 下肢痛 
  • しびれ 
  • 間欠性跛行 
  • 排尿・排便障害

 

治療

保存療法

手術のことはよく分からないので一般的な病院での保存療法を書いておきます。

 

神経根型では一般的 神経ブロック 非ステロイド性消炎鎮痛薬が使われます。

痺れ感の強い馬尾型では 血行をよくして神経の機能を向上させる、血流改善薬が使われるようです。

前かがみになるように作られたコルセットを装着すると歩くのが楽になるようです。

 

 

 鍼灸治療では……

 

西洋医学的には脊柱管の広さに問題があると考えがちですが、鍼灸治療では

○五臓六腑の気の流れを調整し、自然治癒力を引き出す。

○脊柱を支えている筋や靭帯の異常な緊張を取り除く。

この二点の改善を念頭に治療をおこないます。


病院で手術が適応と診断された場合でも、排便・排尿障害がなければ鍼灸治療は適応です。

排便・排尿障害がある場合でも、鍼灸治療が適応の場合がありますが、基本的には経過観察しながら保存的に治療をおこなう事が多い症例だと思います。


Copyright 2005-2007 © Oosita Acupuncture Clinic. All rights reserved.