おおした鍼灸院
トップページ

挨拶
治療方針
Q and A ←現在位置
皆さんの声

時間・料金
お休み  
治療の流れ
場所



フォームでの簡単お問い合わせ

Q and A 

                鍼灸治療の疑問に答えます  …のつもり   

→NEWホームページ

Q. 針は痛いですか?

A. おおした鍼灸院の患者さんは心身ともに疲労している方も多く、痛い針をするととたんに調子をおかしくしてしまう患者さんもいます。ですからハリを使わない方も多くいます。
ハリを使う場合でも0.14mm〜0.18mmのものを、皮膚の厚さほど(3mm〜4mm)に入れる事がほとんどです
細いハリを使用するので針が折れる心配もありませんし、筋肉や神経が傷つく心配もありません。


Q. 先生はどんな治療をされるのですか?


A. 「東洋はり医学会」の経絡治療メソッドを柱にしております。 


東洋はり医学会は→ 


Q. 経絡治療ってどんな治療法なのですか??


A. 経絡治療は陰陽五行的考察により、体のバランスを整え、体の中から元気にしていく治療法です。 
詳しくは経絡治療QandA 

経絡治療で実際に治療してみましょう 


Q. お灸は熱いですか?

A. もぐさに火をつけるので、場合によっては熱さを感じる人もいますが、捻挫などの炎症のある人でもゴマ粒程度の大きさなのでチクッとする程度です。

ほとんどの場合温灸ですので、気持ち良い程度のお灸です。

それでも怖いとおっしゃる方はご遠慮なく申し出てください。


Q. 鍼灸治療って癖になるのですか?

A. 「鍼って癖になるでしょ?」という質問をうけますが、特に習慣性のものではありません。治れば治療終了です。

ただし、
「歯磨きを毎日するのは面倒ですが、虫歯は作りたくありません。」と言われると歯医者さんが困るように、「食生活も運動も、気をつけることがとても難しいのですが、定期的に鍼灸治療にかかることもしたくありません。」と言われると少し困ってしまいます。
普段の食生活や運動不足が気になる方には定期的に通院することをお勧めします。


Q.元気な時に行ってもいいですか?

A. もちろんです
鍼灸を含む東洋医学には「未病治」という言葉があります。

未病とは病気になる手前……半病気のことをいっているのではなくって、健康なときにも病気の予兆があるよ、っていう事を言っています。

東洋医学的に言えば「その予兆にいち早く気がつき、まだ健康な時に治すことのできるお医者さんが最も上手なお医者さん」だということです。

ということは…
        元気な時にこそ治療を行うべきかもしれません。


Q. 消毒は大丈夫?

A. 当院では、銀鍼・ステンレス鍼、どちらも使い捨ての針を使用しています。使い捨ての針を使用しても料金の追加はありません。  
鍼と感染について


Q. 病院へ通院しているのですが?

A. 病院での治療と当院の治療をを併用されている方は多くいます。それぞれの良いところがありますので、いろいろな角度から治療されることをお勧めします。


Q. 鍼灸治療は迷信ではないのですか?


A. 鍼灸の歴史は古く、日本では遅くても奈良時代には伝わりました。
その頃より経絡治療は変わることなく現在まで脈々と続いています。
経絡をいまだに誤解を持って考えている人がいますが、もしそうであれば数千年も続くことはなかったでしょう。
鍼灸治療は1970年代にWHO(世界保健機構)によりその効果が認められ、今や日本や中国だけでなく、アメリカ・フランス・ドイツ・ロシアなど約60カ国で鍼灸治療やその研究がなされています。科学的裏づけも発表されています。これからの研究に期待したいと思っています

詳しくは適応疾患へ 

Q. はりで肝炎やエイズに罹ることはありませんか?

A. 前記の通り当院のはりは銀鍼、ステンレス鍼、コバルト鍼、すべて使い捨てです。安心してご来院下さい。
詳しくは「感染について」へ 


Q. 健康保険は適用されますか?


A. 適用される場合があります。ご相談下さい。


Q. 鍼灸師になるには何か国家資格が必要ですか?


A. 鍼灸師は法律に基づいた国家資格が必要です。免許取得のために専門の大学、短大、専門学校への入学が義務付けられています。さらに大学院も設立されています。最近、これらの入学競争率が上がっています。


Q.赤ちゃんでも鍼灸治療が受けられますか?


A.
「小児はり」という小児のための治療があります

軽い刺激で自律神経のバランスを整え、元気な子どもを育てます。

私には4人の子どもがおり、小児はりをしない日はありません。経験も豊富ですので、心配事のある方は是非連絡下さい。

なかなか来院が難しいと言う方には、お父さん、お母さんが簡単にできる小児はりのやり方があります。
詳しくは「東京スキンタッチ会」まで。

「スキンタッチ」講習会に興味のある方も私までご連絡下さい。お子様の健康を守るお手伝いができれば幸いです。

次へ 皆さんの声

Copyright 2005- © Oosita Acupuncture Clinic. All rights reserved.